トップページ > > 永華楼の歴史

永華楼の歴史

江戸時代の末頃、まだ開港する前の横浜へ、祖父の梁 殿威が来日。
商売をするために、日本語もまるで話せない中、身振り手振りで市場調査をおこなう。
父親である梁 応雄さんはハイヤーを主な事業とした日本の運輸会社に勤務。
普通の日本人と全く変わることなく新山下町に住んでいたが、戦時体制下、中国人は一ヶ所へまとめるという軍部の方針から、中華街へと強制移住させられる。

1945年

5月29日横浜大空襲の日、学徒動員の作業の為、横浜を離れてい難を逃れた。
後に新山下町で家族と再開。しばらくバラック生活を始め、終戦を迎える。

1947年

現在の場所に、千福という小さな店を始める。中華料理のかたわら夏はアイスキャンディ、冬は和菓子を売るという店だった。

1950年

父親の梁 応雄さんが死去。母親の秀さんが店を切り盛りすることになった。
『中華街でアイスキャンディを初めて売りだして、アズキやミルク、GHQからコカコーラの原料を手に入れてコーラ味などで結構よく売れていた』

1950年代

中華街でも台湾の国民党政府を推す動きと大陸を制覇した共産党政府を推す動きとぶつかり合い、中華学校の分裂、華僑総会の分裂を始め両派に分裂した人々の間で、さまざまなトラブルがおこるようになる。

1961年

再び中華料理の店として『永華楼』を開業

1987年

社長の英さんが83歳で死去。それまで会社員としてアメリカの船舶会社、エバレットの横浜支社へ勤めに出ていた有榕さんが退職、社長として経営を引き継ぐ。

questra Пестюк Чеслав Фанис Джураев Константин Мамчур Станислав Кравцов AGAM Atlantic Global Александр Прочухан Абакумов Андрей